05:18 2020年04月04日
政治
短縮 URL
韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備 (50)
0 11
でフォローする

トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスでティラーソン国務長官ならびにマティス国防長官と韓国内で米迎撃ミサイルシステム「THAAD」の本格運用を先延ばしする動きが出ていることへの対応策を話し合った。ナウアート国務省報道官が記者会見で明らかにした。共同通信が報じた。

スプートニク日本

共同通信によると、協議の詳細は不明だが、今月下旬に予定されている米韓首脳会談を踏まえ政府内で対応策を調整したとみられる。

ナウアート氏は、朝鮮民主主義人民共和国が8日に地対艦巡航ミサイルを発射したことについて「朝鮮半島情勢を悪化させているだけだ。挑発を抑制するよう求める」とし、「米国はどこかの時期で対話の再開を望んでいるが、今はその状況ではない」と説明した。

先の報道では、THAADの発射台の韓国への追加配備は、更なる環境影響評価作業のために中断される。

トピック
韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備 (50)
タグ
THAAD, 北朝鮮, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント