15:54 2018年08月15日
米国務省 なぜ「ロシアの日」の祝辞を贈らなかったのか

米国務省 なぜ「ロシアの日」の祝辞を贈らなかったのか

© AP Photo / Luis M. Alvarez
政治
短縮 URL
0 41

米国務省報道部は新政権発足とともにプレスリリースとしての祝辞の発表は今後行われていないことを明らかにした。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

米国務省報道部によれば、トランプ政権の発足後とられた新たなアプローチでは諸外国に向けた公式的な祝辞はその国の首都に置かれた米国大使館を通じて伝達される。

「我々は今後一切、プレスリリースとしての祝辞の発表は行わない。その代わり国務省のサイトに祝辞を掲載し、公式的には我が国の大使館を通じて渡される。」

これより前、ロシアのインターネットニュースサイト「ライフ」の報じたところによれば、米国は過去25年で初めて、「ロシアの日」の祝辞を贈らなかった。

先の報道によると、6月12日、ロシアでは、最も「若い」国家的祝日の一つである「ロシアの日」が祝われている。

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント