04:02 2018年09月24日
プーチン大統領 傷を負ったロシアに関する意見は彼らの「夢」

プーチン大統領 傷を負ったロシアに関する意見は彼らの「夢」

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
政治
短縮 URL
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
3171

ロシアのプーチン大統領は、米国の映画監督オリバー・ストーン氏のインタビューで、ロシアが傷を負っているとする意見について、それは彼ら夢であり、事実と一致していないと述べた。

スプートニク日本

ストーン監督はインタビューで、プーチン大統領に、傷ついた熊が描かれた「プーチンのロシア:傷ついてはいるが、まだゲームに」という見出しの米雑誌Foreign Affairsの表紙について質問した。

プーチン大統領は「Putin's Russia downを誰かが夢見ており、誰かがそう考えるのを望んでいる。これは彼らの夢だ。しかしこれは事実に一致していない。これを書いている人々は、それを知っている」と述べた。

またプーチン大統領は、欧州の人々と米国人の間にはロシアに関する異なる見解があると指摘し、「いろんな人たちがいる。私は、欧州にも米国にもいろいろな考えを持つ様々な人がいると思っている。少なくとも25年、30年、50年先を見て、何らかの問題、脅威を考え、ロシアに対して別の態度をとる人々もいる」と述べた。

先の報道によると、ストーン監督は、「プーチン大統領のように働いた米大統領は一人もいない」と語った。

トピック
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
タグ
インタービュー, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント