00:34 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    米国、対ロシアとイラン制裁へ 制裁法案が上院で可決

    米国、対ロシアとイラン制裁へ 制裁法案が上院で可決

    © Fotolia/ Andreykr
    政治
    短縮 URL
    1355113

    米上院本会議は15日、ロシアとイランに対する制裁強化法案を可決した。投票は賛成98、反対2。成立に先立ち、法案は下院での承認と大統領の署名が必要になる。

    スプートニク日本

    上院は、ロシアが昨年の米大統領選に干渉するためにサイバー攻撃を行ったなどとして、ロシアに対する新たな制裁を科すための法案を可決した。また法案には、イランの弾道ミサイル開発を担当する個人・団体を対象とするイランへの追加制裁も盛り込んだ。共同通信が報じた。

    トランプ政権はイランの弾道ミサイル開発を「地域の安定を脅かす」として強く非難する。ロシアに対しては「従来の制裁で十分」(ホワイトハウス)と説明。テロ掃討での協力強化などを念頭に慎重な姿勢を示しており、今回の法案には困難な対応を迫られることになりそうだ。

    マケイン上院議員は「米国はロシアに対し、民主主義への干渉は許さないとの強力なメッセージを送る必要がある」と強調した。

    タグ
    露米関係, 制裁, イラン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント