19:51 2018年09月21日
ストーン監督 プーチン大統領の映画に関するマスコミの反応についてコメントする

ストーン監督 プーチン大統領の映画に関するマスコミの反応についてコメントする

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
政治
短縮 URL
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
0 292

米国のオリバー・ストーン監督は、ロシアのプーチン大統領に関する自身の映画に対する米メディアの反応について、そのヒステリーは自分にジョージ・オーウェルのディストピア小説「1984」を思い出させたとコメントした。

スプートニク日本

ストーン監督は、小説に描かれている不倶戴天の外部の敵のイメージを社会で維持し、扇動することを助けた架空の全体主義国家オセアニアで1年に一度行われる憎悪週刊を引き合いに出し、「これは組織された増悪週間だ。まさに真実省だ」と述べた。

ストーン監督はまた、ロシアが米大統領選挙に介入したというスキャンダルについて、これは不快なものだとの考えを表した。

先にテレビ局Showtimeで、ストーン監督のドキュメンタリー映画全4部作「プーチン氏とのインタビュー」が放映された。

先の報道によると、ストーン監督は、プーチン大統領のように働いた米大統領は一人もいないと語った。

トピック
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
タグ
映画, インタービュー, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント