01:22 2020年08月12日
政治
短縮 URL
0 38
でフォローする

フランス国民議会(下院、577議席)総選挙の「決選投票」に当たる第2回投票は18日、即日開票された。内務省は開票率97%の段階で、マクロン大統領の新党「共和国前進(REM)」系が341議席を獲得し、議会の過半数の議席を確保したと発表した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

フランスのメディアの獲得議席予想によると、REM系が361、中道・右派連合は126、左派の社会党系は46、左翼党・共産党系は26、極右の国民戦線系は8。国民戦線のマリーヌ・ルペン党首、左翼党の共同創設者メランション氏は初当選を決めた。

タグ
選挙, マリーヌ・ル・ペン, エマニュエル・マクロン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント