12:25 2017年10月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 6°C
    ラブロフ外相

    露外務省 シリアの主権尊重を米国に呼びかけ

    © Sputnik/ Vitaliy Belousov
    政治
    短縮 URL
    136492

    米国はシリア危機を解決するために、パートナーやシリア政府と行動を調整するべきだとする見解を、ロシアのラブロフ外相がBRICs外相の共同記者会見で示した。

    スプートニク日本

    ラブロフ外相は、「安全地帯は一緒に前進するオプションの1つだ。一方的な行動を避けて、シリアの主権を尊重し、シリア政府と合意した我々の共同作業に加わるように招待する」と述べた。

    この声明は、米国主導の有志連合がシリア軍の戦闘機を撃墜した事件を背景に出されたもの。

    タグ
    米国, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント