21:46 2017年10月18日
東京+ 14°C
モスクワ+ 14°C
    シャイラト空軍基地のシリア空軍のパイロット【アーカイブ写真】

    ロシア、シリア上空の飛行に関する米国との覚書の効力を一時停止へ

    © Sputnik/ Mikhail Voskresenskiy
    政治
    短縮 URL
    2889252

    ロシア国防省は、6月19日からシリア上空での事故回避に関する覚書の枠内における米国との協力を一時停止すると発表した。

    ロシア空爆、シリアで戦闘員180人殺害
    © 写真: Ministry of defence of the Russian Federation
    スプートニク日本

    過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)掃討を目指す米軍主導の有志連合が、シリア北部のラッカでシリア軍の戦闘機「スホイ22」(Su-22)を撃墜した。有志連合は、スホイ22が「シリア民主軍」(SDF)の戦闘員がいた場所の近くを爆撃したためだと主張。シリア政府は一方、シリア空軍機は対ダーイシュ任務を実行していたと発表した。

    ロシア国防省の発表には、「ロシア連邦国防省は19日、シリアでの作戦実行中の突発的事故を回避して航空の安全を確保する覚書の枠組みにおける米国側との協力を停止するとともに、米国の司令部に徹底的な調査と、その結果と対策の提出を要求する」とある。

    この前、米国はシリア危機を解決するために、パートナーやシリア政府と行動を調整するべきだとする見解を、ロシアのラブロフ外相がBRICs外相の共同記者会見で示した。

    また、先ほどダーイシュ最高指導者を殺害したとされる露国防省の空爆の写真が公開された

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント