09:15 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    ウクライナのポロシェンコ大統領とトランプ大統領ウクライナのポロシェンコ大統領とトランプ大統領ウクライナのポロシェンコ大統領とトランプ大統領

    ウクライナ大統領の米国訪問 政治か、個人的な夢か

    © Sputnik/ President of the Ukraine Press-Service © Sputnik/ President of the Ukraine Press-Service © Sputnik/ President of the Ukraine Press-Service
    1 / 3
    政治
    短縮 URL
    228406

    ウクライナのポロシェンコ大統領とトランプ大統領が20日、ホワイトハウスで会談した。結果はしかし、非常にぼんやりとしたものになった。ウクライナメディアは成功を報じているが、これは訪問のための訪問だったのでは、という疑いが浮かんでくる。ウクライナの代表団が追求していた主な目的は、ロシアより先にトランプ大統領と会談することだった。これは確かに果たされたが、訪問で他にどのような目的が達成されたのか?

    クリミア
    © Sputnik/ Sergey Malgavko
    スプートニク日本

    訪問の有効性に対する疑いは、根拠のないものではない。ポロシェンコ大統領は栄誉礼やレッドカーペット、ファンファーレなしで迎えられ、トランプ大統領は他国首脳にするようなホワイトハウス入り口での出迎えや案内をしなかった。その上、記者会見のために、ホワイトハウスの門の外までポロシェンコ大統領が1人で送られた。会談自体は20分から30分ほど続いたが、その後の共同声明はなかった。

    しかし、ウクライナ側の発表によると、米・ウクライナ首脳は全ての問題を詳細に協議し、国家主権や領土保全、独立に対して米国から支援を得たという。

    ポロシェンコ大統領は米国訪問直前に、「プーチン大統領よりも先に、ホワイトハウスでウクライナ大統領として私が会談することが非常に重要だ」とはっきり述べたのだ。もしかすると、これが訪問の目的だったのか?

    ポロシェンコ大統領の記者会見
    © Sputnik/ President of the Ukraine Press-Service
    ポロシェンコ大統領の記者会見
    タグ
    ペトロ・ポロシェンコ, ドナルド・トランプ, 米国, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント