10:51 2018年09月20日
英国会へのサイバー攻撃で露中が疑われる ガーディアン紙

英国会へのサイバー攻撃で露中が疑われる ガーディアン紙

© Sputnik / Vladimir Pesnya
政治
短縮 URL
148

英国会のコンピューターネットワークがサイバー攻撃を受けた問題で、ロシア当局が疑われている。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

24日、英国会がサイバー攻撃を受けたと報じられた。テレグラフ紙によると、議員たちは英国会の外から電子メールにアクセスできなかった。ハッキングされたアカウントの所有者は、指示に反して脆弱なパスワードを使用したという。

メイ首相や政府メンバーを含む全ての議員が、「攻撃を受けた」ネットワークで仕事をした。

ガーディアン紙によると、英情報機関は、同事件の背後には単独ハッカーの小さなグループではなく、外国政府がいると考えており、ロシアのほか、北朝鮮、中国、イランが疑われている。

なおロシアは、このような性質の非難を繰り返し否定しており、ロシア大統領府は「まったく謂れのない」非難だと指摘した。

ロシアのプーチン大統領は、米国は世界中で他の国の政治プロセスに介入していながら、そのような介入はロシアにとっては意味が無いにもかかわらず、ロシアが米大統領選挙に影響を及ぼしたとして非難していると述べた。

タグ
ハッカー, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント