05:00 2018年09月26日
プーチン大統領との会談 トランプ陣営に意見の相違

プーチン大統領との会談 トランプ陣営に意見の相違

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
161

AP通信によると、トランプ大統領の顧問にはロシアとの接触に対して、より慎重な立場を取るよう勧めるものもいる。

スプートニク日本

大統領陣営で分断を起こしたのは、7月7日、8日開催の独ハンブルグG20サミットでプーチン大統領との会談が行われる可能性を受けて、会談の形式をどのようにすべきかとの問題だ。

トランプ大統領自身はハンブルグのサミットで、国際ないし2国間関係の問題を話し合える完全な露米会談に臨むつもりだという。

トランプ大統領はまた、この会談に対するメディアの取材許可を呼びかけている。

大統領顧問は一方で、ロシアとのつながりが疑われていることを背景に、ロシアとの距離を保つべきだとして、形式的で短い露米会談を勧めている。

タグ
露米関係, ウラジーミル・プーチン, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント