08:52 2019年11月18日
ウィキリークスが暴露 なぜカタールのアルジャジーラが目の敵にされたか

ウィキリークスが暴露 なぜカタールのアルジャジーラが目の敵にされたか

© AFP 2019 / KARIM JAAFAR
政治
短縮 URL
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
3181
でフォローする

アラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子(兼連邦軍副最高司令官)は国防相を務めていた2004年、米国に対してカタールのアルジャジーラTV局を爆撃するよう要請していた。この事実はウィキリークスがサイト上に公開したナヒヤーン皇太子と米国のリチャード・ハース外交官、マルセル・ヴァフビ駐アラブ首長国連邦・米大使の会談を記録した機密文書によって明らかになった。

スプートニク日本

ウィキリークスの公開した機密文書によればナヒヤーン皇太子は「カタールのTV局『アルジャジーラ』に轡(くつわ)をはめることはいかなる軍事行為に勝って最優先だ」と強調していた。ナヒヤーン皇太子は自分にとってはなぜカタールが世論を温め続けているのか不可解だとして、米国に「カタールを潰すために」自国の重みを使うよう提案していた。

また会談では、以前、カタールの首長のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー氏が自身の知る限りではアラブ首長国連邦のナヒヤーン皇太子が米国のトミー・フランクス陸軍大将にアルジャジーラの空爆を要請したと語った事実が指摘されていた。

6月5日、バーレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、イエメン、リビア暫定政府、モルディブ、モーリシャスは、カタールの首長がテロや過激思想を支持しているとして、カタールとの断交を発表。

23日にはクウェート​から​カタールに対して国交回復のための要請一覧​がを手渡​されており、AP通信によれば要請には「アルジャジーラ」TV局の閉鎖​が挙げられていた。​

「アルジャジーラ」の閉鎖要求に対し、ウィキリークスのジュリアン・アサンジ氏は「馬鹿げている」と強い反発をツィッター上に公表していた

トピック
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
タグ
カタールとの国交断絶, ウィキリークス, カタール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント