15:25 2019年11月13日
ウィキリークスがCIA機密を公開 Wi-fi ユーザーを位置確認し、有害ファイルに感染させるツール

ウィキリークスがCIA機密を公開 Wi-fiユーザーを位置確認し、有害ファイルに感染させるツール

© Sputnik / Aleksandr Utkin
政治
短縮 URL
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
0 120
でフォローする

ウィキリークスは米CIAが情報収集のために用いているハッカーのツールについて公表。それによればCIAは対象人物がWi-Fiを用いている場合、その位置をELSAプログラムを使って追跡することができる。

スプートニク日本

ELSAはウイルスに似て有害をもたらすプログラム。これを用いるとWi-Fiのユーザーの位置を追跡することができる。ELSAの説明書にはこれが機器に入ると身近なWi-Fiの情報を集め、これからMACアドレス、SSIDなどの個人情報を収集を開始すると書いてある。

集められた情報はすべて統一のベースに差し向けられる。結果的にCIAはいかなるユーザーの位置も把握することができ、そのユーザーの機器を有害ファイルに感染させることができる。

ウィキリークスは今年2月からCIAが用いている技術についての機密情報の公開を開始した。

先の報道によると、内部告発サイト「ウィキリークス」は、CIAの諜報活動を明かす機密文書「Vault 7」の新たなデータを公開した。

トピック
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
タグ
インターネット, ウィキリークス, 中央情報局, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント