17:06 2019年12月15日
キッシンジャー

キッシンジャー元米国務長官 露米は未来の地球の共通のビジョンを見出すことができる

© Sputnik / Alexey Nikolsky
政治
短縮 URL
21914
でフォローする

キッシンジャー元米国務長官は、ロシアと米国は遅かれ早かれ一緒に行動する必要があることを確信し、世界に関する共通のビジョンを見出し、対話の席につくことができるだろうとの見方を示した。

スプートニク日本

キッシンジャー氏は「私は将来を楽観的に見ており、そのような可能性があると考えている。私はこの状況を楽観的に受け止めている。なぜなら世界はグローバル化し、新たな技術の影響力がさらに大きくなっているからだ。それぞれの国の昔の歴史的立場を考慮すると、我々は露米関係の次なる段階の始まりに位置することができる」と強調した。

またキッシンジャー氏は、世界は建設的な進化を目指しており、他の国の活動を失敗させたり、メリットを得ることに力を注ぐ国は一つもなく、反対に協力の成果を達成することに尽力するという前提に立脚する必要があると述べた。

この前、キッシンジャー元国務長官は「米ロは、シリアでの作戦実施の際、一つの目的を追求しなければならない。さもなければ、状況は、危険なシナリオに従って進展する可能性がある」との確信を明らかにした。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント