03:22 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    Petya攻撃

    ウクライナ安全保障庁 Petya攻撃にロシア特務機関が関与

    © Sputnik/ Vladimir Trefilov
    政治
    短縮 URL
    182029

    ウクライナ安全保障庁は全世界を襲ったPetya(ペーチャ)ウイルス攻撃にはロシアの特務機関が関与しているとの声明を表した。同庁の報道部が明らかにした。

    スプートニク日本

    「入手した情報から、攻撃には2016年12月にTeleBotsおよび Blackenergyを使ってウクライナの金融システム、運輸、エネルギー施設にサイバー攻撃を仕掛けたのと同じハッカー集団が関与したことが裏付けられる。」ウクライナ安全保障庁はこうした見方を表し、これこそが「ロシアの特務機関が今回の攻撃に関与したことを証拠づけている」と指摘している。

    これまで明らかにされたところによれば、Petyaウイルス拡散の主たるチャンネルとなったのはウクライナで製造されたM.E.Doc社の会計ソフト」だった。

    また、27日、ロシアとウクライナの多数の企業およびウクライナ政府のコンピューターがPetyaウイルスによる大規模サイバー攻撃を受けたとされる事件で、ロシアのコンピューターセキュリティー企業「カスペルスキー」は攻撃に使用されたウイルスが Petyaではなかったのではという見解を表している。

    タグ
    ハッカー, ウクライナ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント