10:48 2018年09月26日
米中、対北朝鮮で協調維持 THAAD、南シナ海問題も協議

米中、対北朝鮮で協調維持 THAAD、南シナ海問題も協議

© REUTERS / Hyungwon Kang
政治
短縮 URL
0 22

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は8日、独ハンブルクで開かれていたG20サミットで会談し、朝鮮民主主義人民共和国の核問題の解決のため意思疎通と協調を維持していくことで合意した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

共同通信によると、北朝鮮への圧力強化を図りたい米国と、対話を主張する中国との隔たりは大きく、議論は平行線のまま具体的な解決方法は棚上げして米中の協力をアピールした形だ。

共同通信によると、会談ではトランプ氏が4日に大陸間弾道ミサイルの発射実験をした北朝鮮に「何らかの対応をしなければならない」とし、中国に圧力強化を促したのに対し、習氏は「対話を通じた問題解決」を図るべきだとの立場を主張した。米国が対北朝鮮制裁で中国を独自制裁の対象としたことについても否定的な考えを示した。

また、習氏は米迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国配備への反対を表明。南シナ海問題などを念頭に「核心的利益と重大な関心事を互いに尊重し、意見の相違と敏感な問題を適切に処理すべきだ」と訴えた。

タグ
制裁, THAAD, 習近平, ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント