23:37 2018年09月18日
米がサイバーセキュリティ問題でロシアを信頼することは絶対ない 米国連大使

米がサイバーセキュリティ問題でロシアを信頼することは絶対ない 米国連大使

© AFP 2018 / Jewel SAMAD
政治
短縮 URL
239

ニッキー・ヘイリー米国連大使はCNNテレビのインタビューに対して、米国がサイバーセキュリティ問題でロシアを信頼することは絶対にないと述べた。

スプートニク日本

ヘイリー氏は、「サイバーセキュリティについて、ロシアとだけでなく、全ての人と話す必要がある」と述べた。ヘイリー氏はまた司会者の求めから、サイバーセキュリティ分野におけるロシアとの建設的な協力は「フィクション」だとする米民主党員の発言にコメントした。

「サイバーセキュリティの観点から、ロシアと前へ進み、我々の意見では起きるべき、もしくは起きるべきでないことを彼らに伝える必要がある。」

ヘイリー氏は、「これはロシアを信用するという意味ではない。ロシアを信用することはできないし、永遠にしないだろう。だが常に見張れるように、我々は信頼できないものをより近くに置いておく。そして、それこそが我々が今、ロシアとしようとしていることだ」との見解を示した。

先の報道によると、米国のヘイリー国連大使はトランプ米大統領がロシアを問題として扱っているとする声明を表した。

タグ
国連, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント