13:37 2017年11月21日
東京+ 11°C
モスクワ0°C
    トランプ大統領はパリ協定参加を再考と約束 マクロン大統領

    トランプ大統領はパリ協定参加を再考と約束 マクロン大統領

    © Sputnik/ Irina Kalashnikova
    政治
    短縮 URL
    231835

    トランプ大統領は近いうちに気候変動対策に関するパリ協定参加について再考するとして、フランスのマクロン大統領が仏紙『Journal du Dimanche』に述べた。

    スプートニク日本

    トランプ大統領は6月初旬、米国のパリ協定離脱を発表した。同協定は、地球温暖化対策に関する行動プランを決定する初の国際的な協定。

    マクロン大統領は、「トランプ大統領は私の話を聞いた。彼は特に、気候変動とテロリズムの繋がりについての私の思考の脈略を理解した。トランプ大統領は私に、この数ヶ月で何らかの解決策を見つけようとしていると述べた。パリ協定復帰を可能にすることについて詳細に協議した」と語った。

    トランプ大統領は7月13、14両日にフランスを公式訪問した。トランプ大統領はパリで米仏首脳会談を行い、在仏米国大使館を訪問し、エッフェル塔で夕食会を開いた他、米国の軍人らとともに軍事パレードに出席した。

    先の報道によると、インターネットが、フランスのマクロン大統領の行動に憤慨している。14日のパリの軍事パレードでマクロン氏と夫人が胸に手を当てずに、ラ・マルセイエーズを歌わなかったのだ。

    タグ
    環境, エマニュエル・マクロン, ドナルド・トランプ, フランス, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント