19:55 2017年11月24日
東京+ 10°C
モスクワ-4°C
    ホワイトハウス

    米国 新たな対イラン制裁を発動する方針

    © AP Photo/ Andrew Harnik
    政治
    短縮 URL
    0 281210

    米国は、イランのミサイルプログラムと地域での「敵対行為」に関連し、新たな対イラン制裁を発動する方針。ホワイトハウスの代表者が記者団に明らかにした。

    スプートニク日本

    代表者は「我々はミサイ分野をはじめとした多くの方向性におけるイランの行為に対する責任を問うために新たな制裁を発動する」と述べた。

    また代表者は、制裁は2年前に署名された「合同包括行動計画」(JCPOA)の「核合意」の枠内で解除された制裁を再び発動するものではないと指摘した。

    なお敵対行為の例として、イランによるシリアのアサド政権の支持、イスラエルへの敵対政策、テロ支援、中東での航行の自由に対する脅威、米国とその同盟国に対するサイバー攻撃、米国人の違法拘束を含む人権侵害などが挙げられた。

    ホワイトハウスの代表者はこのような形で、先に「ワシントン・ フリービーコン」が伝えた「違法な弾道ミサイル開発プログラム」と「地域的なテロ支援」に関連してトランプ政権が新たな制裁を計画しているという情報を確認した。

    タグ
    イラン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント