15:37 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    国連安保理

    ロシア、国連安保理にアジアとアフリカの発展途上国を加えることを提案

    © REUTERS/ Mike Segar
    政治
    短縮 URL
    1293120

    19日水曜日、ロシアの国連常駐代表代理ウラジーミル・サフロンコフ氏は、国連安全保障理事会の改革を協議する国連総会において、アジアおよびアフリカの発展途上国は、まず最初に国連安全保障理事会の拡大メンバーになるべきだ、との見解を示した。

    スプートニク日本

    サフロンコフ氏は「安全保障理事会に席を確保する優先的な権利を、アフリカとアジアの発展途上国が獲得するべきだと考えている。これらの国々は国際世界に安全をもたらすのに重みのある貢献ができる十分なポテンシャルを有している、と確信している。重要なのは、それらの国が安保理メンバーになることによって、安保理が将来行うであろう決定はより公正中立で、各国の意見を取り入れたものになるだろう、ということだ」

    国連安全保障理事会のメンバー拡大については、安保理改革について継続している政府間協議を背景に議題に上り、もう何年も議論が続いている。しかし今のところ国々は、安保理の最適のメンバーはどういった国で構成されるべきか、常任理事国と非常任理事国の数、拒否権発動の手順等を含む鍵となる課題について、意見の一致には至っていない。

    タグ
    国連, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント