12:33 2020年09月28日
政治
短縮 URL
119
でフォローする

イランメディアは、クウェート政府が20日、同国に駐在するイランの外交官の一部に対し、国外退去するよう命じたと報道している。イラン外務省は20日、イランに駐在するクウェートの外交官を呼び出し抗議した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

共同通信によると、クウェートの最高裁は6月、イランが支援するレバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラと関係を持ち、クウェートでテロを計画していたとしてイラン人やクウェート人ら約20人に有罪判決を言い渡した。このうち一部がイラン側に逃亡したとの情報もあり、外交官の国外退去命令は報復措置とみられる。

クウェートは、サウジアラビアなど4カ国が「過激派の支援」を理由にカタールと断交し、サウジなどが敵視するイランとの関係縮小を求めていた問題で、仲裁役を務めていた。

先に伝えられたところ、サウジアラビア、アラブ首長国連合、バーレーン、エジプトは、カタールへの要求を削減し、具体的な期限を設けることなく、要求の実行を呼びかけた。

タグ
イラン, クウェート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント