18:10 2020年09月30日
政治
短縮 URL
米国の新しい対ロシア制裁 (32)
206
でフォローする

米下院が25日、ロシア・イラン・北朝鮮への追加制裁導入を認める法案を審議する可能性がある。

スプートニク日本

採択された場合、法案は上院で審議される。上院で通過すれば大統領による署名に送られる。追加制裁が採択された場合、2014年はじめ以来、最も大型で複合的なものになる。

法案には、制裁の緩和や廃止について議会と前もって合意することを大統領に義務付ける条項がふくまれている。

ロシア大統領は、「極めて否定的に」法案を評価すると発表。EUは一方、「米政府の一方的な行動」だと呼んだ。

欧州委員会も米国の計画に懸念を示した。法案のもっとも重要な条項の1つが、ロシアのエネルギー・プロジェクトの制限策導入だが、欧州で実施の事業も対象となるためだ。この条項は、米大企業からの異議も呼んだ。

ホワイトハウスのサンダース報道官23日、トランプ政権が「ロシアに対する厳しさと、特にこの制裁導入を支持している」と発表した。

先の報道では、EUはトランプ米政権に対し、新たな対露制裁がEUの利益に反するものでない確証を求めることができる。フィナンシャルタイムズ紙が欧州委員会の会議用に準備された文書を引用して報じた。

トピック
米国の新しい対ロシア制裁 (32)
タグ
制裁
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント