02:06 2019年11月16日
アメリカ合衆国国務省

米国 テロ幇助国リストに北朝鮮を戻すか

© AP Photo / Luis M. Alvarez
政治
短縮 URL
0 53
でフォローする

米国務省は2008年に発表したテロ幇助国リストから削除した朝鮮民主主義人民共和国を再びリストに戻すことを検討している。スーザン・ソーントン次官補代行が明らかにした。

スプートニク日本

ソーントン次官補代行は「テロ幇助国についてはこの問題は現在再検討されている」と語っている。次官補代行は同問題は現在ティラーソン国務相の管轄下にあり、「技術的、法的局面が多いため、問題の検討がどの段階にあるかは具体的に言えない」と語っている。

2008年、当時のジョージ・ブッシュ政権は北朝鮮をテロ幇助国リストから削除。この処置は北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)が列挙したすべての核関連施設へのIAEAの専門家の立ち入り調査の許可の合意に応じた後、行われたもの。合意は米露中日および南北朝鮮の六か国協議で達成されていた。

先の報道では、欧州連合(EU)外交筋は21日、EUが北朝鮮に対する新たな制裁の検討を始めたことを明らかにした

タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント