17:13 2018年09月22日
地対空ミサイル『S400』

ロシアとトルコのS400購入取引への米国の反応 不安か恐喝か

© Sputnik / Sergueï Pivovarov
政治
短縮 URL
1110

米国はトルコに圧力をかけて、トルコがロシアの地対空ミサイル「S400」を買わないようあらゆる方法で試みている。一連のトルコ紙はこのような見方を示したうえ、次のように指摘。つまり、米国政府はS400に関するトルコとロシア政府の展望ある契約締結を懸念しており、トルコを脅迫して、タイヤに棒を突っ込むように妨害しようと試みているという。

スプートニク日本

今の情勢について、元在米トルコ大使ファルク・ロゴグル氏がスプートニクのインタビューで次のようにコメントした。

「米国や北大西洋条約機構(NATO)の私たちの一連の同盟国は、ロシアとトルコによる地対空ミサイル『S400』の契約締結を懸念していることは明らかだ。NATO代表らは、ロシアのMDシステムがNATOの複合体と統合される可能性があると疑っている。この展望ある取り引きを通さないために、西側諸国は圧力策などに走っている。しかし私の見解では、これはロシアのMDシステム取得に向けたトルコの意欲に全く影響しない。」

先に伝えられたところによると、トルコのエルドアン大統領は、ロシアと対空ミサイルS-400供給に関する文書に調印したと発表した。

タグ
ミサイル, 戦争・紛争・対立・外交
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント