20:30 2017年10月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 1°C
    イラン外務省のアラグチ次官

    米国は核プログラム合意からの脱退を望んでいる イラン外務省

    © AFP 2017/ Atta Kenare
    政治
    短縮 URL
    0 24451

    イラン外務省のアラグチ次官は、トランプ米大統領は米国が核プログラム合意から脱退するために、イランを核プラグラム合意頓挫の主な責任者にしようとしていると述べた。通信社Mehrが報じた。

    スプートニク日本

    アラグチ次官は、新たな制裁理由として人権侵害、テロ支援、ミサイルプログラムの開発などが挙げられているが、これらの口実はすべて核兵器とは関係がないと指摘している。

    アラグチ次官はまた、法案は全ての人にイランとのビジネスをしり込みさせるとの考えを示し、米国の行動は包括的共同行動計画(JCPOA)に含まれている「自発的精神」での合意履行の原則を損ねるため、核合意に反していると指摘した。

    アラグチ次官はさらに、イランは米国による制裁への対抗措置を準備することを明らかにし、それは「計算され、考え抜かれた」ものとなり、米国がイランを合意違反へ追いやることはできないと指摘した。

    これより前、米上院本会議は27日、ロシア、イランと朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁強化法案を圧倒的多数で可決した。

    タグ
    軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント