20:30 2017年10月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 1°C
    ザッカーバーグ氏

    ザッカーバーグ氏とクリントン陣営の元選挙参謀が協力=米政治メディア

    © Sputnik/ Рамиль Ситдиков
    政治
    短縮 URL
    240104

    フェイスブック創業者でありCEOのマーク・ザッカーバーグ氏と妻のプリシラ・チャン氏が、前回の米大統領選挙におけるヒラリー・クリントン陣営の元選挙参謀を務めるジョエル・ベネンソン氏をコンサルタントとして雇った。米政治メディア「Politico 」が関係者の情報をもとに報じた。

    スプートニク日本

    同メディアによると、世論調査会社「Benenson Strategy Group」は、慈善活動を目的とした基金「チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブ(CZI)」の委託を受けて調査を行っていく。

    関係者が語るところ、ザッカーバーグ夫妻はフェイスブックの株式99%、価格にしておよそ450億ドルを慈善活動に投入すると約束した。

    CZIは1月、オバマ大統領の選挙参謀を務め、ジョージ・ブッシュ・ジュニア元大統領の2004年時の選対幹部でもあったデビット・プラウフ氏を引き抜いた。

    Politicoが指摘するところ、オバマ氏の選対幹部でもあったベネンソン氏の引き抜きは、ザッカーバーグ氏の伸びゆく政治的野心の噂を加熱させただけだ。

    先ほど、米フェイスブックの創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏は、Facebook ライブの配信で、テスラやSpaceXの創業者イーロン・マスク氏の人工知能の発展が人類にもたらす脅威に関する立場を「無責任だ」と指摘した。

    タグ
    ヒラリー・クリントン, バラク・オバマ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント