19:48 2019年07月20日
ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官

ロシア外務省「露米関係は強度試験をパスせず」

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
政治
短縮 URL
0 31

ロシア外務省のセルゲイ・リャプコフ次官は雑誌「国際関係」とのインタビューで、米国による新たな制裁に対しロシアが承認しようとしている一連の対抗措置を挙げた。

スプートニク日本

「当然我々は、輸入品の国産品による代替措置や、米国の決済システムや決済通貨としてのドルへの依存を減らすことなどに関する活動を活発化させる」とリャプコフ氏は述べた。

それにもかかわらず、リャプコフ氏は「今後両国が対決する状態に至ることはなく」、露米両政府は関係正常化に向け協議を行う、あるいは「この出来事がもたらす損害を最小限に抑える」方策を見出す努力を行う、との希望を表明した。また、制裁の解除には米上下両院の同意が必要だとも指摘し、「これを免れることは非常に困難で長い時間がかかるだろう。それは事実だ」と強調した。

トランプ政権の下での米国の外交政策について、リャプコフ氏は「オバマ政権の遺産の最悪の部分の継続」であると表現した。

最後にリャプコフ氏は、露米関係は「強度試験をパスできなかった」、そして米議会の多数派は自らの意思を米政権に押し付けた、と確認した。

8月2日、トランプ米大統領はロシア、朝鮮民主主義人民共和国、シリアに対し新たな制裁を科す法案に署名した。

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント