08:00 2019年04月25日
「中露、米にいじけた国」と北朝鮮が非難

北朝鮮が中国、ロシアを「米国におじけづいた」と非難

© REUTERS / KCNA
政治
短縮 URL
0 58

朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮アジア太平洋平和委員会が8日、国連の対北朝鮮制裁決議の採択を受け、決議に賛成した中国を非難し、米国に同調しないよう警告したことが明らかになった。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

読売新聞が報じたところ、北朝鮮の声明の中では、中国とロシアを「良心も義理も捨て、米国に追従した国々は恥を知るべきだ」と批判。また声明では、「米国におじけづいた」とし、中国とロシアが、「制裁は必要だが、究極の目的は協議による問題解決であると弁明」とした形をとったと指摘されている。

国連安保理は5日、北朝鮮に対する制裁を拡大する決議を採択した。決議案を提案した米国によると、これらの制限が完全に実行された場合、現在年間30億ドル相当の北朝鮮の外貨収入の3分の1を削減することが可能となる。

なお、先に伝えられたところでは、ロシア外務省のリャプコフ次官は米国が、北朝鮮と直接対話する用意はなく、完全に現実を超越した条件を提示していると発言した。

タグ
制裁, 国連, 北朝鮮, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント