12:45 2018年07月23日
外交の余地はまだあるとマティス米国防長官 北朝鮮問題で

外交の余地はまだあるとマティス米国防長官 北朝鮮問題で

© AP Photo / Jacquelyn Martin
政治
短縮 URL
140

マティス米国防長官は10日、シアトルへ向かう機中記者団に対して北朝鮮核問題にについて「軍事的選択肢はもちろんある」としながらも「外交を用いたい」と語り、平和的解決を望む考えを明らかにした。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

マティス氏は「われわれは外交主導の取り組みをしており、国際社会の団結に成功している。それが現状だ」と語り、外交の余地はまだあると指摘。「より良い未来を望むか、より悪い未来を望むか。北朝鮮次第だ」と強調。

先に伝えられたところ、マティス米国防長官は9日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し「体制の終わりや人民の滅亡につながる行動をやめるべきだ」と警告する声明を発表した。

北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍は9日、米国のグアム周辺に向けて新型中距離弾道ミサイル「火星12」を発射する作戦を検討していると脅迫した

タグ
ミサイル, ジェームズ・マティス, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント