12:45 2018年07月23日
トランプ氏

トランプ氏 米国は核大国であり続ける

© REUTERS / Gonzalo Fuentes
政治
短縮 URL
237

トランプ米大統領は、他国が核兵器を退けない以上、米国は最も強力な核大国でありつづけると再び明言した。

スプートニク日本

「私は核兵器を世界から失くしたい。ロシア、米国、中国、パキスタンなど核兵器を抱える多くの国が核を撤廃できることを望む。だがこれらの国がそれをしない間は我々は地球上で抜きんでた最強の核大国であり続ける。」トランプ米大統領は記者団にこう語った。

核保有国はロシア、米国、中国、仏、英国のほか、パキスタンとインドが核兵器製造を明らかにしている。多くの報道によればイスラエルも核を保有しているとされているが、イスラエル自体はこの事実を認めようとも否定しようともしていない。また朝鮮民主主義人民共和国も核保有を明らかにした。

先に報じられたところ、トランプ米大統領は9日、北朝鮮が米国のグアム周辺に向けた新型中距離弾道ミサイルの発射を脅迫したことをうけて、「グアムに何かすれば、北朝鮮で見たこともないようなことが起きる」と述べた

北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍は9日、米国のグアム周辺に向けて新型中距離弾道ミサイル「火星12」を発射する作戦を検討していると脅迫した

国連安全保障理事会は5日、北朝鮮に対する新たな制裁を全会一致で採択した。それに応じて北朝鮮は7日、核兵器開発をやめることはないと明らかにした。さらに、対話を拒否し、米国に対して怒りをあらわに報復を警告した。

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント