15:43 2017年10月21日
東京+ 17°C
モスクワ+ 2°C
    米国務省 プーチン氏へのトランプ氏の感謝に激怒

    米国務省 プーチン氏へのトランプ氏の感謝に激怒

    © AFP 2017/ Brendan Smialowski
    政治
    短縮 URL
    0 101266

    トランプ米大統領がロシアのプーチン大統領に、ロシアが国内に駐在する米外交官らの人数を大幅に制限する方針を発表したことに対して感謝の意を表明し、このことが米国務省職員を激怒させている。米国のニュースメディア「ポリティコ」が報じた。

    スプートニク日本

    ある米外交官はトランプ氏の発言について、国務省職員の大量解雇につながる可能性があると指摘し、「言語道断だ」と述べた。

    また別の職員は「ポリティコ」の取材に対し、トランプ氏の発言は多くの人々の自信を喪失させたと語った。

    「この発言には皆がただただショックを受けている。信じられないほど幼稚で近視眼的な発言だ。職務についている我々職員すべてに対する恐ろしいシグナルとなる」とこの職員は述べている。

    ニコラス・バーンズ元米国務次官(政務担当)は、トランプ氏の発言は「恥ずべきものだ」とし、トランプ氏は自らの発言でプーチン氏の米外交官に対する悪意ある扱いを正当化している、と説明している。

    トランプ氏は10日、ロシアが米外交官ら755人を追放する方針を発表したことに対して、「米政府の人件費の節約につながる」と述べてプーチン氏に感謝の意を表明した。「ポリティコ」は、この発言が冗談なのか真剣なものなのかについて、トランプ氏は何の示唆も示していないと強調している。

     

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ドナルド・トランプ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント