00:07 2017年10月18日
東京+ 13°C
モスクワ+ 11°C
    トランプ氏

    トランプ氏、中国に対し調査へ=米政治専門メディア

    © AP Photo/ Evan Vucci
    政治
    短縮 URL
    11366104

    米国は、中国による知的財産権侵害と技術移転の強制に関して調査を始める。米政治専門メディア「ポリティコ」が米高官の話として伝えるところ、トランプ大統領は14日にも調査開始を発表する。

    スプートニク日本

    トランプ氏は1974年制定の米通称法301条に基づいた調査を行う予定だという。調査開始は制裁の即時導入を意味しないが、将来的に米国が、関税引き上げなど輸入障壁を一方的に導入する可能性がある。

    トランプ氏と中国の習近平国家主席は12日、電話会談をして朝鮮半島情勢を協議した。習国家主席は、中国が相互尊重を基に、解決に関して米国と話し合う用意があるとし、トランプ氏は一方、朝鮮半島問題解決における中国の役割を評価すると述べた。

    しかし、8月はじめニューヨーク・タイムズはすでに、ホワイトハウスが中国への貿易制限を準備していると報じた。同紙の情報筋の話によると、トランプ氏は北朝鮮の核計画に対する中国の消極性に失望しており、中国との関係強化のプランから距離を置き始めている。

    これより前、中国の劉結一国連大使は、中国が北朝鮮の核問題解決の助けになっていないというトランプ大統領からの批判を退けた。

    タグ
    経済, 戦争・紛争・対立・外交, ドナルド・トランプ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント