15:14 2017年10月23日
東京+ 22°C
モスクワ0°C
    イラン、核合意からの離脱を警告する

    イラン、核合意からの離脱を警告する

    © Sputnik/ Aleksey Nikolskyi
    政治
    短縮 URL
    0 44651

    イランのロウハニ大統領は、米国が制裁を拡大するならば、イランは核合意から数時間以内にも離脱する可能性があるとの考えを表した。AFP通信が報じた。

    スプートニク日本

    ロウハニ大統領は「失敗に終わった制裁と抑止の経験は、米前政権を交渉のテーブルへ導いた。もし彼らがその過程へ戻ることを望んでいるならば、確実に短時間で、数週間や数か月ではなく、数時間ないしは数日という規模で、我々は以前の状況に戻る」と述べた。AFP通信が伝えた。

    ロウハニ大統領はまた、トランプ米大統領は「良きパートナーではない」と述べ、「最近数か月で世界は米国がその包括的共同行動計画の約束に恒久的かつ繰り返し違反していることに加え、他の複数の世界的な合意を無視し、その同盟国らに米国は良きパートナーではなく、交渉において信頼できる当事者ではないと示したことを目撃した」と指摘した。

    ロシア上院(連邦会議)国際問題委員会のメンバーであるオレグ・モロゾフ氏はリア・ノーヴォスチ通信に、ロシアは合意から離脱しないようイランを説得するためにあらゆることを行うと述べ、このような状況は「米国には世界の憲兵、裁判官、死刑執行人の役割を同時に果たす能力がないことの直接的な結果」となったと強調した。

    タグ
    制裁, 米国, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント