20:22 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    外相ら、米大統領補佐官と会談「今は圧力強める時」 2プラス2に先立って

    外相ら、米大統領補佐官と会談「今は圧力強める時」 2プラス2に先立って

    © Fotolia/ viperagp
    政治
    短縮 URL
    117045

    河野太郎外相と小野寺五典防衛相は米ワシントンで16日午後(日本時間17日午前)、米国のマクマスター大統領補佐官と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応を巡って協議し、現時点では国際社会が結束して圧力を強める時だとの認識で一致した。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    河野氏は会談で「挑発的言動を繰り返す北朝鮮を抑止することが重要だ。国連安全保障理事会決議の履行を含め、中国とロシアのさらなる役割が重要だ」と指摘。小野寺氏は「不測の事態を回避する必要がある」と強調。その上で「わが国も弾道ミサイル防衛体制を確立している。あらゆるレベルで意思疎通をより緊密にしていきたい」と語った。

    17日、河野氏、小野寺氏は外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の会合に臨む。

    先に伝えられたところ、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相が、6日にフィリピンのマニラで日本の河野外相と意見交換した際に、「対話」を打診していたことがわかった。

    タグ
    日米関係, 日本, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント