13:32 2019年05月23日
北朝鮮

ロシアから北朝鮮へ輸出された石油製品が倍増

© REUTERS / Damir Sagolj
政治
短縮 URL
2105

露連邦税関局の統計によると、今年1月から6月にロシアから北朝鮮へ輸出された石油製品が前年比で倍増したことが分かった。産経新聞が報じた。

スプートニク日本

今年1月から6月にロシアから北朝鮮へ輸出されたガソリンやディーゼル燃料などの石油製品は約4304トン相当で、昨年1月から6月は2171トンだったという。

産経新聞は「北朝鮮の核・ミサイル開発への国際的な非難が高まるなか、同国を経済面で支えるロシアの姿勢が改めて鮮明になった」と指摘し、「専門家は、実際には統計をはるかに上回る石油製品が北朝鮮に輸出されているとも指摘する」と報じている。

ロシア極東連邦大学のルキン准教授は産経新聞のインタビューで、ロシアは北朝鮮へ年間20万から30万トンの石油製品を輸出しているが「その多くは中国向けとして輸出され、最終的に北朝鮮に運びこまれるため、統計に反映されない」との見方を示したという。一方、ルキン氏は、「ロシアの対北ビジネスは国連の制裁に違反していない」とも強調しているという。

産経新聞は「現実は、露政府は自国の関心が高い分野への制裁を阻止しつつ、北朝鮮との経済関係を維持しているのが実態といえそうだ」と報じている。

先の報道によると、国連安全保障理事会の制裁対象である北朝鮮が、石炭の輸出先を中国から東南アジア諸国に替えた。

タグ
経済協力, 石油, 北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント