05:10 2017年09月21日
東京+ 21°C
モスクワ+ 10°C
    国連安保理:朝鮮半島の緊張緩和には具体的措置が必要

    国連安保理:朝鮮半島の緊張緩和には具体的措置が必要

    © 写真: Neptuul
    政治
    短縮 URL
    128631

    国連安全保障理事会では、朝鮮民主主義人民共和国のミサイル開発を巡る緊張を緩和させるためには具体的な措置が必要との認識が示された。

    スプートニク日本

    29日夕(日本時間30日朝)に開かれた安保理非公開会合の総括として採択されたで議長声明案には「朝鮮半島の非核化を目指す断固とした決意を込め、朝鮮半島及び周辺地域の緊張を緩和させるため即時的かつ具体的な措置が極めて重要であることを強調する」と記されている

    国連安保理はまた、北朝鮮がこれまでの国連決議の全てを順守することを要求した。過去の国連決議には、「全ての核兵器と現行の核開発計画の放棄」や、保有するとみなされている大量破壊兵器の放棄も含まれる。また、今後の核実験の停止も要求。

    一方、国連安保理は、朝鮮半島の平和と安定を維持させる目的を強調した上で、「情勢の平和的、外交的かつ政治的な解決」を支持することも表明。複数の国連外交官によると、この文章は、ロシアと中国の働きかけによって議長声明案に追加されたという。

    北朝鮮は現地時間で29日5時57分、首都ピョンヤン郊外のスナン(順安)から弾道ミサイルを発射。​ ​ミサイルは高度550キロまで上昇し、東の方向に向けて2700キロを飛行し、日本​領空を通過して太平洋上に落下した。

    タグ
    国連
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント