01:33 2020年10月31日
政治
短縮 URL
0 10
でフォローする

トランプ米大統領は1日、大型ハリケーン「ハービー」が襲った南部テキサス州の被災地支援に当面必要な78億5千万ドル(約8700億円)の予算を議会に要請した。共同通信がロイター通信の報道をもとに伝えた。

スプートニク日本

ハービーは、2005年に米ニューオーリンズを襲い壊滅させたハリケーン「カトリーナ」以来の、米国一強力なハリケーンになる可能性がある。報道によると、復興費は「カトリーナ」の約1100億ドルに匹敵するとの見方もあり、政権は被害の全容把握を急いでいる。

トランプ氏はまた、被災地に祈りをささげるため、今月3日を「祈りの日」に指定する文書に署名。トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対して「全ての米国民は、家族や友人を失った人たちや大きな困難に苦しむ人たちのために祈ってほしい」と語った。

トランプ氏はメラニア夫人と共に2日、ハリケーンの被害に遭ったテキサス州ヒューストンやルイジアナ州レイクチャールズに入り、被災者やボランティアと会う予定。

テキサス州のグレッグ・アボット知事はすでにテキサス同州内の30郡に非常事態令を出した。住民は食料を大量に買い込み、自宅に保存している。サイクロンの影響で洪水、地滑りが起こる危険性がある。

先に伝えられたところ、米エネルギー省は、戦略石油備蓄50万バレルを放出する決定を発表した。

タグ
災害, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント