22:39 2021年04月11日
政治
短縮 URL
0 36
でフォローする

欧州連合(EU)のトゥスク大統領は3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行することは国際法や国連決議、核不拡散体制に対する重大な侵害だと非難、「EUは制裁政策を強化する用意がある」と述べた。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

また、トゥスク氏は「(核実験という)賭けの代償は極めて高くつく」と警告。

国連安全保障理事会に対し、追加制裁の採択を求める一方、北朝鮮には核・ミサイル問題を巡る対話の無条件再開を呼び掛けた。

北朝鮮は3日、大陸間弾道ミサイルに搭載するための水爆弾頭の実験が成功したと発表した。核実験場付近で地震が発生した。韓国の専門家らはこの地震について、これが北朝鮮による6回目の核実験だった場合、爆発の威力は50キロトンに達し、昨年の5回目の核実験の約5倍の威力を持つと分析した。

タグ
核実験, 核兵器, 欧州, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント