13:00 2018年10月24日
ラブロフ外相とティラーソン米国務長官

ラブロフ外相 米国の対北朝鮮決議案を検討する条件を示す

© REUTERS / Yuri Gripas
政治
短縮 URL
1161

ラブロフ外相はティラーソン米国務長官との電話会談で米国の北朝鮮安保理決議案について討議し、案に政治的外交的アプローチの必要性が反映されるのであれば、ロシアはこれを検討する構えであることを明らかにした。露外務省のサイトが発表した。

スプートニク日本

露外務省は、「ラブロフ外相は北東アジアの軍事的緊張がエスカレートすることに断固として反対を示した」ことを明らかにしている。

この他ラブロフ外相は、会談で米国がロシア外交官の私有財産を没収したことは国際法に由々しく違反する行為と非難し、ロシアはこれに関して司法に訴える構えだと明言した。

先ほど、プーチン大統領はBRICSサミットの記者会見で、朝鮮民主主義人民共和国の問題は脅迫や制裁では太刀打ちできないと語った。

タグ
核問題, 制裁, 戦争・紛争・対立・外交, セルゲイ・ラブロフ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント