15:21 2018年10月23日
米国務省

米国務省 ロシア、中国に制裁ちらつかせ、北朝鮮対策の協力を強要

© AP Photo / J. Scott Applewhite
政治
短縮 URL
1314

米国務省のスーザン・ソーントン臨時補佐官は、ロシアと中国が朝鮮民主主義人民共和国を支援するならば、米国はこの先、両国への対抗策を取ることを明らかにした。

スプートニク日本

ソーントン臨時補佐官は、米国は「圧力行使戦略の成否は国際的なパートナー、特に中国との協力にかかっている」と「認識している」と語っている。

「(対北朝鮮の)制裁順守体制を向上させるため、我々は中国およびロシアと作業を続けていく。だが他にもまだまだやることはある。我々はこの問題を解決するため、中国とロシアと作業を行うことを期待している。北朝鮮にさらに圧力をかけるため、対話を続けていく。」ソーントン臨時補佐官はこうした声明を表した。

ソーントン臨時補佐官は、米国は「もし中国とロシアが行動を開始しないならば、我々は自分が手にしているツールを使うことをはっきり明示した」と語り、「ようやく先月になって北朝鮮を支援しているロシアと中国の個人、組織に対する新たな制裁を発動した。私たちはこれからも多方面的および一方的な土台で北朝鮮の違法な行為を遮断する目的での策を講じていく」と指摘している。

これより前、ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ公式報道官は、国連安保理で採択された朝鮮民主主義人民共和国に対する決議について、ロシアの求める原則的な要求はすべて考慮されたことを明らかにした。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 制裁, 核問題, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント