10:15 2019年08月24日
国連事務総長

国連事務総長 世界は露米が仲たがいの状態にあることを許容できない

© AFP 2019 / Jose Manuel Ribeiro
政治
短縮 URL
242

国連のグテーレス事務総長は、通信社スプートニクのインタビューで、世界は米国とロシアが仲たがいの状態にあることを許容できないとの考えを表した。

スプートニク日本

事務総長は、露米関係は現在「複雑」で、たくさんの問題があると指摘した。

一方、事務総長は「だが私は世界および世界の安全保障が、国際社会の重要な柱であるこの2つの国の可能性に大きく左右されており、実り多き対話をし、一連の分野に関する相互理解に達すると確信している。世界は、米国やロシアのような大きくて強く、重要な国が仲たがいの状態にあることを許容できない」と述べた。

タグ
露米関係, 国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント