09:37 2020年07月10日
政治
短縮 URL
117
でフォローする

日本の与党・自民党と連立を組む公明党の山口那津男代表は、日露関係を議会間レベルで発展させる必要があるとの考えを表した。

スプートニク日本

山口代表は、日露関係、特に平和条約締結問題や、朝鮮半島情勢について話し合うため、初めてロシアを訪問した。

山口代表は、ロシアのマトヴィエンコ上院議長との会談で、特に議会間交流の発展で日露関係の発展に貢献したいとの考えを表した。

また山口代表は、日露首脳の交流によって日露関係は現在、全体的にポジティブな流れの中にあるとし、両国の議会間交流も強化することが重要だと指摘、そのような交流を積み重ねるために自分たちも関係発展のポジティブな動きをサポートしなければならないとの考えを示した。

これより前、安倍首相はプーチン大統領との間で、日露の平和条約を二人の手で締結することで合意した。

タグ
露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント