05:51 2020年09月24日
政治
短縮 URL
0 421
でフォローする

米軍司令部は、ハイブリッド戦争を行う際のロシアの戦術や、それに対する米軍の対抗手段を記したハンドブックを公開した。ナショナル・インタレスト誌が伝えた。

スプートニク日本

ハンドブック「新世代のロシア戦争」は、ロシアの軍事装備に関するグラフィックス資料とデータを掲載した小冊子。

同ハンドブックでは、ロシアの戦略は現地の「操り人形兵士」と団結して政権を変えることに基づいており、統治システムの変更を目的としていると主張されている。

さらに物流の弱さ、強力ではあるが正確ではない航空支援と砲による支援、防空や電子戦の手段不足など、

米軍が利用可能なロシアの脆弱性が挙げられている。

関連のニュース

露軍、新たなミサイルシステム「Tor-M2」の射撃訓練を実施

ロシア軍戦車、「ターミネーター」と肩を並べて戦闘任務遂行へ

露軍に新たな戦闘モジュールを搭載した機動装甲車「タイガーM」が装備される

極東 ロシア軍に1100台の刷新軍事機器が投入へ

タグ
武器・兵器, ロシア軍, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント