15:45 2019年08月19日
リアリティ・ウィナー容疑者

「ロシアのハッカー」に関する報告書リークの女性 パンストに隠して持ち出し

© 写真: Julian Assange / twitter
政治
短縮 URL
0 32

米国家安全保障局(NSA)の「ロシアのハッカー」についての機密報告書をメディアにリークしたリアリティ・ウィナー容疑者(25)は、パンティストッキングに文書を入れてオフィスから持ち出したと告白した。米政治メディア「ポリティコ」がウィナー容疑者に対する取り調べの写しを基に報じた。

スプートニク日本

ウィナー容疑者逮捕が明らかになったのは6月。ウィナー容疑者はジョージア州にあるPluribus International Corporation社で2月から働いていて、「最高機密」の情報へのアクセス権を得た。捜査の情報によると、ウィナー容疑者は5月、メールで通信社に報告書のファイルを送った。送付先の名前は明らかになっていないが、NBCテレビの情報源によると、受取先はオンラインメディア「インターセプト」だ。

ポリティによると、ウィナー容疑者は一時、報告書を印刷して仕事場の机に数日間保存し、その後は燃やしたと証言していたが、後に証言を撤回し、報告書を保存して、送信前に隠したと明らかにした。

これより前、Pluribus International Corporationの内部調査の結果、ウィンナー容疑者は、報告書を印刷した職員6人のうちの1人であることが伝えられた。また同容疑者は、電子メールを使用した唯一の人物だったと報告された。

関連ニュース

スノーデン氏 米民主党に対するサイバー攻撃犯について見解

タグ
捜査, 選挙, ハッカー, NSA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント