22:56 2018年12月16日
トランプ氏

トランプ大統領 米上院調査委に国内「フェイクメディア」を調査するよう呼びかけ

© REUTERS / Jonathan Ernst
政治
短縮 URL
282

ドナルド・トランプ米大統領は、ロシアが米大統領選に干渉したとする疑惑で米上院情報特別委員会が調査を進めていることにつき、国外に敵を探すのではなく、フェイクニュースを拡散している米国内メディアを調査すべきと呼びかけた。

スプートニク日本

トランプ氏はツイッターで「なぜ上院情報特別委員会は、これほども多くのニュースがでっち上げられている理由を明らかにすべく、我が国内のフェイクニュース・ネットワークを調べようとしないのか」と問いかけた。

そして度重なるフェイクニュースの例として、米NBCテレビのティラーソン国務長官辞任報道を取り上げた。

トランプ氏はこれまでに何度も米メディアのフェイクニュースを批判してきた。それにも関わらず、大体において匿名情報筋の引用により、大統領選でのトランプ陣営とロシアの公務員や実業家らとの関係に関する報道が定期的に伝えられている。

これらの批判の中、米司法省は9月初にロシアTVチャンネル「RT(ロシア・トゥデイ)」アメリカ支社の事業や製作業務にサービスを提供している企業に対し、外国エージェントとして登録することを義務付けた。これは、米国の政治に「不法手段で」影響を及ぼそうと試みる企業を摘発し提訴するための追加権限を司法省に付与する目論見だと考えられている。

関連ニュース

トランプ大統領、Facebookで「フェイク」ではなく「本物」のニュースを伝えるチャンネルをスタートさせる【動画】

トランプ大統領、「フェイク」ニュースとの闘いでのSNSの効率性を指摘

タグ
情報戦, 戦争・紛争・対立・外交, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント