14:30 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    イスラエル、米国に続いてユネスコ脱退 「差別への代償」

    イスラエル、米国に続いてユネスコ脱退 「差別への代償」

    © REUTERS/ Philippe Wojazer
    政治
    短縮 URL
    3631210

    イスラエルのネタニヤフ首相は12日、米国の連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退発表を「勇敢で道徳的な決定」と歓迎し、イスラエルも米国に続き脱退するよう外務省に指示したことを明らかにした。ユネスコがイスラム寄りに偏向している差別への代償であるという。共同通信が報じた。

    スプートニク日本

    ネタニヤフ氏はまた「ユネスコは不条理劇になった」と批判した。イスラエルは2011年にパレスチナのユネスコ正式加盟が決まったことに反発していた。また2016年にはユネスコが、エルサレム世界遺産の一部をイスラエルが破壊しているなどと決議を採択したことに「一方的でイスラム教徒寄りに偏向している」と強く批判していた。

    ロイター通信によると、イスラエルの国連大使はユネスコ脱退の表明に関して「イスラエルを差別したことへの代償」だと語った。

    イスラエルの発表に先立ち、米国務省は12日、米国がユネスコからの脱退を発表した。

    タグ
    ユネスコ, イスラエル, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント