06:39 2017年11月20日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    カナダ

    疑惑の反ロシア「マグニツキー法」 同様の法律がカナダでも発効

    © Fotolia/ Olddays
    政治
    短縮 URL
    3702412

    「外国政権の汚職の犠牲者のための正義について」の法(マグニツキー法)が採択された。法案は10月18日、カナダ国王の承認を得て、発効した。

    スプートニク日本

    レイネル・アンドレイチュク上院議員策案のこの法律は、カナダ政権に対し、人権違反に加担した外国人への制裁発動を許可するもの。同法は米国の『マグニツキー法』のカナダ版となっている。

    サウジアラビアのアル・ジュベイル外相【アーカイブ写真】
    © Sputnik/ Kirill Kallinikov
    在カナダ露大使館はすでに声明を表し、法の採択は「健全な思考の否定」であり、「この不合理な法は、納税逃れの抜け目ないペテン師やロシアを嫌悪する者らのロビー活動の結果である」と非難した。在カナダ露大使館は具体的な氏名を挙げなかったものの、この記述はロシアで納税義務を回避したとして訴えられている英「エルミタージュ・キャピタル・マネージメント」社のウイリアム・ブラウダー社長を暗示している。

    ロシア大使館は、カナダ版『マグニツキー法』が承認される前、ロシアは「断固とした対抗策」をとると警告していた。

    米国の『マグニツキー法』については、先日、ある米諜報員のメールがハッカー攻撃を受けた際に、その諜報員が『マグニツキー法』が誕生するきっかけとなった情報そのものが証拠を持たず、捏造だったと指摘していたことが明るみにされている。

    タグ
    制裁, カナダ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント