02:09 2020年10月01日
政治
短縮 URL
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
4103
でフォローする

カタルーニャ州議会はスペインからの独立宣言を賛成多数で可決した。独立には議員72人が賛成、10人が反対、2人が投票を棄権した。

スプートニク日本

議案は17項目からなっており、それらは全てカタルーニャ州の独立達成に向けた種々のプロセスに関係している。

項目には「スペインとの二重国籍に関する条約締結の支援」「全国家に対するカタルーニャ共和国の承認促進」「カタルーニャ・スペイン間の資産と負債配分についての提案策定」などが含まれている。これに先立ち投票を違法だと述べ、投票に反対する州議員は投票前に議場を退席した。

スペインのラホイ首相は市民に冷静になるよう呼びかけた。首相は「法の支配がカタルーニャの合法性を回復させる」とツイートした。ラホイ首相は緊急閣僚会議を招集した。

​一方スペイン上院は今日27日に本会議を開き、カタルーニャ州の自治権の制限を可能にするスペイン憲法155条を適用する措置を審議にかける予定だ。

ラホイ首相は、「この措置は合法性の回復、正常な機能、経済の回復そしてカタルーニャ州での選挙実施のため適用された」と述べた。

関連ニュース

カタルーニャ州住民投票は欧州でドミノ現象を誘発するか?

民族自決 - 現代国家の脅威

トピック
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
タグ
スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント