12:17 2018年06月19日
ロウハニ氏

イラン大統領 イランはミサイル計画を継続する

© AP Photo / Vahid Salemi
政治
短縮 URL
0 41

イランのロウハニ大統領は、同国のミサイル計画について、これはイランの核計画に関する国連安全保障理事会決議には違反していないため、イランはミサイル計画を継続すると述べた。通信社Mehrが報じた。

スプートニク日本

ロウハニ大統領は国会で演説し「皆さんは、我々がミサイルを(過去に)製造し、(今も)製造し、今後もこれを継続することを覚えていなければならない。これは何らかの国際的な規則に違反してはおらず、(国連安保理)決議第2231号にも反していない」と述べた。

またロウハニ大統領は「我々は、私たちの領土保全を守るために必要なあらゆる武器を製造、保管し、自己防衛ということになったら、それを迷うことなく使用する」と語った。

大統領はさらに「米政府は、前政権が国際協定を十分に尊重しなかったことをさらけ出している」と指摘し、米国は交渉や合意を尊重しておらず、道徳的ならびに国際的な原則を遵守していないことを世界に示しているため、米国は信頼に値しないと述べた。

関連ニュース

米国連大使、米がイラン核合意維持する理由を語る

イラン外相、事態がどのように進展した場合、間違いなく核合意から離脱するのかを伝える

タグ
イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント