12:07 2018年06月19日
CIA

米情報機関、ロシアの新軍事ドクトリンを評価

© REUTERS / Dado Ruvic/Illustration
政治
短縮 URL
0 120

米国防総省の国防情報局(DIA)はロシアの軍事力の進展を分析し、ロシアが超大国の立場を取り戻す可能性があるとの結論に至った。ナショナル・インタレストが報じた。

スプートニク日本

DIAはロシアの軍事力を評価し、ロシアがソ連の遺産を再興しているだけでなく、軍事力を現代化しているとする報告書を作成した。

レポートには「ロシアは軍事戦略、ドクトリン、戦術を現代化した」とある。

ナショナル・インタレストが指摘するところ、新たなロシアはもはや以前のように核兵器だけに頼るのではなく、従来の軍隊を立て直し、現代的な精密誘導兵器を採用している。

「ロシアはよりバランスの取れた軍隊を作り出すため、核兵器の現代化とともに従来の軍事能力を構築している。ロシアは従来の精密攻撃兵器の開発に重点を置いている。最近シリアでテストし、戦場に強い影響を与える高度な非核兵器を提供している。」

ナショナル・インタレストによると、報告書の見通しが正しければ、ロシアはロシア帝国やソ連時代そうであったように超大国への道を確かに進んでいる。

関連ニュース

ロシア、「ザパド2017」演習で最新鋭兵器をお披露目

「超感覚的知覚によるスパイ」 CIAの超能力を使った諜報活動が開封

タグ
ロシア軍, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント